コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

結城基光 ゆうき もとみつ

2件 の用語解説(結城基光の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

結城基光 ゆうき-もとみつ

1349-1430 南北朝-室町時代の武将。
貞和(じょうわ)5=正平4年生まれ。結城直光(なおみつ)の子。下総(しもうさ)結城城(茨城県)城主。小山義政(おやま-よしまさ)の反乱のときの戦功で,下野(しもつけ)守護職につく。小山家の名跡は次男泰朝(やすとも)につがせた。永享2年5月11日死去。82歳。通称は七郎。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

結城基光

没年:永享2.5.11(1430.6.1)
生年:貞和5/正平4(1349)
南北朝・室町時代の武将。下総国結城城(茨城県結城市)城主。直光の子。弾正少弼に任ず。父と同じく鎌倉公方の信任を集め,とりわけ小山義政の乱の戦功で小山氏の遺領の半ばと下野守護職を与えられ急成長を遂げた。嫡子満広の若死ににより,四十余年間下野守護として活動するなど長期にわたって結城氏の実権を掌握し続けた。この間,次男泰朝に小山氏の名跡を継がせて小山氏を傀儡化し,泰朝の男子のうち,次男満泰に泰朝の跡を継がせて長男氏朝を満広の養嗣子に迎え,末子氏義を山川氏の養嗣子に送り込むことで結城,小山,山川の3当主を祖父の立場から一手に統轄した。また,鎌倉公方から武蔵,相模などに所領を与えられたうえに直轄領の管理をも委ねられるなど,公方派大名の代表として君臨したが,同時に関東管領上杉氏との競合関係をも生み出すことになった。<参考文献>『関城町史』通史編上

(市村高男)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

結城基光の関連キーワード結城氏朝足利安王丸足利春王丸里見家基結城氏朝(1)結城氏朝(2)結城朝常結城直光結城政朝(1)結城満朝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone