結解(読み)ケツゲ

デジタル大辞泉の解説

けつ‐げ【結解】

仏語。煩悩(ぼんのう)に縛られて自由でないことと、悟りを得て煩悩を脱すること。
《「けっけ」とも》しめくくりの勘定。決算。〈日葡

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

けちげ【結解】

〈けつげ〉〈けけ〉ともよむ。qecqeケッケ(《日葡辞書》)。勘定の始末をつけること,決算すること。多くの場合,荘園の経営にあたった荘官が,現地で年貢・公事の収支決算を行うことを〈結解を遂ぐ〉といい,現地から領家に対してそれを報告した文書を〈結解状〉と称する。平安時代には官物の結解作法があり,郡郷司作成の結解状を税所→目代→国司と上呈して国判をうけた例がみられる。鎌倉時代中ごろからは,年貢収納が代官による請負になったり,現地の未進分増加,支出増加により,荘園内における決算を要するようになり,代官から注進状の形式で領家に対して決算報告の結解状を送った。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

けつげ【結解】

〘仏〙 煩悩ぼんのうにとらわれていることと、煩悩からときはなたれていること。
〔「けっけ」 「けちげ」とも〕 勘定のしめくくり。結計。決算。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

けつ‐げ【結解】

〘名〙 (「げ」は「解」の呉音)
① (「けっけ」とも) 事物を勘定すること。決算。結計。けげ。けちげ。
※九条家本延喜式裏文書‐康保三年(966)五月三日・清胤王書状「以前雑事、且大底如此、所々御書返事、追以進上、々結解未被勘定」
仏語煩悩に束縛された不自由さ(結)と、その束縛から脱すること(解)。
③ 盲人が官金納をつかさどること。また、その職。
※日次紀事(1685)二月一六日「撰有材之検校四人、而使官銀等之出納、是謂結解
④ 結ぶことと解くこと。始めることと終わること。〔彌沙塞羯磨本〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の結解の言及

【結解】より

…勘定の始末をつけること,決算すること。多くの場合,荘園の経営にあたった荘官が,現地で年貢・公事の収支決算を行うことを〈結解を遂ぐ〉といい,現地から領家に対してそれを報告した文書を〈結解状〉と称する。平安時代には官物の結解作法があり,郡郷司作成の結解状を税所→目代→国司と上呈して国判をうけた例がみられる。…

【結解】より

…勘定の始末をつけること,決算すること。多くの場合,荘園の経営にあたった荘官が,現地で年貢・公事の収支決算を行うことを〈結解を遂ぐ〉といい,現地から領家に対してそれを報告した文書を〈結解状〉と称する。平安時代には官物の結解作法があり,郡郷司作成の結解状を税所→目代→国司と上呈して国判をうけた例がみられる。…

※「結解」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android