コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統一公判 とういつこうはん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

統一公判
とういつこうはん

同一事件または社会的に密接な関係をもついくつかの事件について,起訴された多くの被告人に対し,その公判審理を1つにまとめて進めること。分離公判に対するが,いずれも正式な法律用語ではない。統一公判は,事件の背景などの立証を能率化したり,被告人間での不均衡を防いだりする利点がある反面,多数の被告人について,同時に手続を進行させるには実際上の困難もあり審理も長期化せざるをえない。そのためいわゆる公安事件を中心に,統一公判を求める被告人側と,これを拒む裁判所との間に対立が生じることがある。別々に起訴された被告人らについて統一公判を行うには,弁論の併合 (刑事訴訟法 313条1項) が必要となる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とういつこうはん【統一公判】

多数の被告人が,集団で罪を犯したとして起訴された場合に,被告人らについての公判審理を一つの手続にまとめて行うこと。文字どおり全被告人について併合審理を行う場合のほか,同一裁判所が代表格の被告人らによる弁論とグループ別の審理とを組み合わせて進める,実質上の統一公判もある。戦前には,2度の共産党弾圧事件(1928年の三・一五事件,1929年の四・一六事件)に関連して280名に近い被告人について実質的な統一公判が行われ,戦後も,大須事件,メーデー事件(いずれも1952)などの騒擾罪として起訴された事件で100名単位の数の被告人について統一公判が行われた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

とういつこうはん【統一公判】

同一事件に生じた多数の被告人を同一の法廷で、全体として審理・判決すること。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

統一公判の関連キーワード三・一五事件四・一六事件市川 正一青柳 盛雄国領五一郎山根二郎布施辰治蓬田 武

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android