コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

統計センター トウケイセンター

2件 の用語解説(統計センターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

とうけい‐センター【統計センター】

総務省統計局において実施する国勢調査その他の統計調査の集計のほか、各府省、地方公共団体から委託を受けて各種統計調査の集計を行う、国の中央集計センター。平成15年(2003)より特定独立行政法人化。→統計局

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

統計センター
とうけいせんたー

国勢調査や消費者物価指数など、国の基本となる統計の作成などを行う中央統計機関の一つ。英語名称はNational Statistics Centerで、略称NSTAC。総務省所管の独立行政法人で、独立行政法人統計センター法(平成11年法律第219号)により2003年(平成15)4月に設立された。本部所在地東京都新宿区若松町
 明治維新後の1871年(明治4)、太政官(だじょうかん)所属の大蔵省に統計司が置かれ、政表課、統計院を経て、1885年の内閣制度の発足時に内閣統計局となった。第二次世界大戦後の1949年(昭和24)には総理府が設置され、総理府統計局に製表部が置かれる。1984年、総務庁の設置に伴い総務庁統計局となったが、製表部は統計局から分離して総務庁統計センターとなる。2001年(平成13)1月、中央省庁再編により総務省の所属(総務省統計局)になった。「中央省庁等改革」の一環として、2003年独立行政法人統計センターとして再編成された。この間1920年(大正9)に初めて国勢調査を行い、その後さらに労働・家計・商業・経営など統計調査の対象部門も広がっていった。
 統計センターは、各種統計調査の製表と、それに必要な統計技術の研究などを一体的に行うことにより、統計の信頼性を確保することを目的としている。おもな業務は次のとおりである。(1)総務省統計局所管の国勢調査など国の基幹的な統計の作成(製表)を行うほか、各府省や地方公共団体の実施した各種統計の製表業務を行う。(2)公的統計を作成・提供する際の一元的共通システムとして、ITを利用した「政府統計共同利用システム」の運用管理を行う。(3)正確、迅速な統計を提供するための統計作成技術の研究開発を行う。(4)開発途上国に対して、技術協力や現地指導、講師の派遣、研修生の受入れなどの国際協力を行う。(5)総務省所管の統計調査の結果報告書の刊行を行う。2012年3月時点で職員数は815人。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

統計センターの関連キーワード国勢調査全国消費実態調査人口統計統計局経済センサス就業率統計調査林業就業者DID旧市区町村二階堂保則

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

統計センターの関連情報