コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

絹馬交易 きぬうまこうえき

2件 の用語解説(絹馬交易の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

絹馬交易
きぬうまこうえき

中国の歴代王朝と北方の遊牧民族との間で行われた交易を,最も代表的な商品で表現した用語。遊牧民族が通貨としての価値をももつ絹を入手し,中国側が馬を買入れるという関係は,匈奴との間にもすでにみられるが,突厥以後はソグド商人が介在するようになって交易量は飛躍的に増大した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

絹馬交易
けんばこうえき

古代から中国の絹と北方遊牧国家ヒツジ、ウマとが官貿易方式によって交換される交易をよぶとともに、これに伴う農牧両世界の政治経済関係をさす。そのなかで、漢と匈奴(きょうど)、唐と突厥(とっけつ)・回(かいこつ)(ウイグル)との間に行われた絹とヒツジ、ウマとの交易は典型的なものであった。北方遊牧国家の君主は商品として価値ある絹を中国に求め、略奪と侵略行為を自制することによって中国の絹の大量入手を図り、自国のヒツジ、ウマ、とくにウマと交換することを要求し、中国政府もこの取引を承諾した。その方法として中国はヒツジ、ウマを貢納として受け、絹を歳幣(さいへい)の形で遊牧国家の君主に贈り、これによって両国の政治、経済関係の安定を維持した。また、辺境の取引場で交易することを互市(ごし)、関市(かんし)といい、ここでも絹馬交易が国家管理され、さらに外国の朝貢使への返礼や私貿易によっても絹馬交易が行われた。18、19世紀にイリ、タルバガタイで行われた清(しん)朝とカザーフ(哈薩克)王侯との絹馬交易は北アジア史上最後のものであった。[佐口 透]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の絹馬交易の言及

【馬市】より

…しかし北方民族との友好関係の維持のために中止できず,馬以外の商品も購入する形で市を存続させた。馬市は北方民族と中国のあいだに古くから行われた〈絹馬交易〉と同質のものである。【吉田 順一】。…

※「絹馬交易」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

絹馬交易の関連キーワード烏丸悦般征服王朝鄂爾多斯クミス太液辺塞詩遊牧民族オルドス隋唐美術

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone