コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綴術算経 てつじゅつさんけい

世界大百科事典 第2版の解説

てつじゅつさんけい【綴術算経】

建部賢弘が著した数学方法論の書。1722年(享保7)の序がある。内容は,探法則,探術理,探員数の3章に分け,各章を4条に分けて解説している。最後に〈自質の説〉と題して数学を勉強する心構えを述べ,中根元圭のくふうした問題,すなわち3辺が公差1の等差級数をなす整数値の三角形で,面積が有理数となる場合の解法を付録として終わっている。建部のいう綴術は帰納法のことで,帰納法こそ数学の問題を考える基本だとしている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

綴術算経
てつじゅつさんけい

建部賢弘(たけべかたひろ)の主著で、数学方法論について述べたもの。序文は1722年(享保7)、跋文(ばつぶん)は1725年。本書は、数学の問題を解くにあたっての心構えを説明している。彼の強調するところは帰納法である。法則、術理、員数を考えて、問題を解く方法をそれぞれ四問ずつに分けての説明がある。このなかに、円弧の長さの二乗を、直径と弓形の高さで表す無限級数が説明されているが、(sin-1x)2の世界で最初のマクローリン展開公式として有名である。また、本書には、建部の師である関孝和(たかかず)についても種々の記事があり、数学史上貴重な資料である。なお、本書の流布本は『不休綴術』といい、内容に少し違いがある。[下平和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

綴術算経の関連キーワード日本科学史(年表)鎌田俊清

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android