コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

綺羅 キラ

2件 の用語解説(綺羅の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

き‐ら【×綺羅】

《「綺」は綾織りの絹布、「羅」は薄い絹布の意》
美しい衣服。羅綺。「綺羅をまとう」
外見が華やかなこと。また、うわべを装い飾ること。「綺羅を張る」「綺羅を競う」
栄華をきわめること。権勢の盛んなこと。
「世のおぼえ、時の―目出たかりき」〈平家・一二〉

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きら【綺羅】

〔「綺」は綾織りの軽い絹、「羅」は透けるような薄い絹〕
美しい衣服。また、美しい衣服で着飾った人。羅綺。 「 -をまとう」 「 -、星のごとく居並ぶ」 → 綺羅星きらぼし
華やかな美しさ。ぜいたくで派手なこと。 「 -を尽くす」 「 -を競う」
盛んな権勢。栄華。 「世のおぼえ、時の-めでたかりき/平家 1
[句項目]

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

綺羅の関連情報