(読み)かんばた

日本大百科全書(ニッポニカ)「綺」の解説


かんばた

これを「き」とも読むことがあるが、現在の中国で呼称されている「綺」とは、織技のうえでその定義を異にしている。中国では、『説文解字(せつもんかいじ)』などの解釈から、漢代の出土織物に「綺」あるいは「漢綺」組織として当てはめているものは、平織の一部を文様部分のみ浮かせたもので、わが国の近世にみられる「紗(さや)」に相当するものである。「かむはたかんはた(神機)」からの転訛(てんか)ともいわれ、日本古代の織物の一つとして文献に散見しているものは、細長い織(おりひも)の形をしたもので、緯糸(よこいと)に色糸を用いて織縞(おりしま)を表していることが特徴である。『日本書紀』持統(じとう)紀の朝服(ちょうふく)の帯をはじめとして、奈良時代の『正倉院文書』には、写した「経巻(きょうかん)」の巻緒(まきお)に使われているため、その売買取引の状況が明らかになるし、正倉院蔵の紐類にもそれと断定される織紐が蔵されている。また古代の倭文布(しずり)が、すじおりとすることから、横縞の織物としては同様のものであったとみられる。また広義に解釈するならば、細幅のものに対して広幅のものも存在したことになる。奈良・平安時代の文献に綺(かんはた)という称の織物がみられるが、緯に色糸をつかって文様を織り出した、いわゆる緯(よこにしき)の系統の織物をさしているとの説があるが、文献と一致するものかどうかについては疑問である。

[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「綺」の解説

き【綺】

[1] 織物の名。錦に似た絹織物で、白の生糸(きいと)の生地に金糸や五色の糸をまぜ、こまかな模様をうかせ織りにしたもの。かんはた。
※大和法隆寺文書‐天平宝字五年(761)法隆寺縁起并資財帳「角別秘錦領、以綺為界」
※源氏(1001‐14頃)花宴「桜のからのきの御直衣、えび染めの下がさね」 〔沈約‐洛陽道・楽府〕
[2] 〘接尾〙 糸をたばねたものを数えるのに用いる。
※実隆公記‐文明一九年(1487)二月八日「宗祇 原様二帖送之。糸一綺遣之」

かん‐ばた【綺】

〘名〙 (古くは「かむはた」と表記。「かんはた」とも) 錦に似た薄い絹織物。帯、紐の類に用いる。かにはた。〔十巻本和名抄(934頃)〕
[語誌]奈良時代の「新訳華厳経音義私記‐上」には「綺 加尼波多」とあり、平安時代のカムハタの訓はこの「カニハタ」の変化形とも考えられている。その後は「観智院本名義抄」も第三音を濁音としており、カムバタという訓があったことがわかる。

かに‐はた【綺】

※新訳華厳経音義私記(794)「騰暉綺 上音登、訓挙也、暉音貴、訓照也、綺音奇、訓加尼波多」

かむ‐はた【綺】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「綺」の解説

き【綺】[漢字項目]

人名用漢字] [音]キ(呉)(漢)
美しい模様を織りなした絹。あや絹。「綺羅
飾り立てて美しい。「綺語綺麗
巧みに織りなすこと。「綺譚・綺談
[補説]「」を代用字とすることがある。
[名のり]あや

かん‐はた【×綺】

《古くは「かむはた」と表記》日本古代の織物の名で、幅の狭いひも状の織物。横糸に色糸を用いて織り縞を表している。朝服の帯や経巻の巻きに使われている。

き【×綺】

かんはた(綺)」に同じ。
「桜のからの―の御直衣」〈・花宴〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「綺」の解説

き【綺】

の古名で,単色の紋織物をさす。中国では古く戦国時代にすでに〈綺〉の名称があり,《戦国策》鮑彪のには〈綺は文様のある繒(かとり,上質の平絹)〉とある。また《漢書》地理志の顔師古の注に〈綺は今日いう細かい綾〉とあり,元の《六書故》に,綺は彩糸で文様を織りだした錦に対し,単色で文様をあらわした織物であることが記されている。現存する作例,例えば馬王堆1号漢墓その他の出土例から古代の綺の特色を見ると,ほとんどが平地の経の浮紋織,あるいは平地の経綾の紋織になっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のの言及

【絹織物】より

…山西省南東部の夏県西陰村の彩陶遺跡から出土した半個の繭殻と紡錘車や,江蘇省呉江県梅椻鎮北東の袁家埭遺址から出土した黒陶にみられる蚕の文様などから,今日では新石器時代における絹の生産が推定されている。紀元前1300年ころの殷代の甲骨文には〈桑・蚕・糸・帛〉などをあらわす文字が認められ,また当代の青銅製鉞(えつ)に付着した絹片によって,平絹や平織地に浮糸で文様をあらわした紋綺の存在が知られる。戦国時代の絹織物は,湖南省長沙,湖北省江陵,アルタイ東部のパジリクなどから平絹,綺,帛画(描絵),錦,刺繡などが発見されている。…

※「綺」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android