総花(読み)ソウバナ

デジタル大辞泉の解説

料亭・遊女屋などで客が使用人全部に出す祝儀。
関係者全部にまんべんなく恩恵を与えること。「総花的で指針を欠く予算」「総花式」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

遊所で、その家の総員に花(祝儀のこと)をやること。客および相手の遊女にとっては、見栄(みえ)ないし示威行為であるが、一種の慣習儀礼として、総花を出す時機や金額は各遊所で決まっていた。総花を受けた側では店内に客の名を掲示したり、客の部屋へ挨拶(あいさつ)に出て手締めなどで返礼した。総花が一括で渡された場合に、茶屋、若い者、遣手(やりて)らが分ける配分率も遊所ごとに定められていた。なお、江戸・新吉原では、馴染金(なじみきん)を総花と称することがあった。

[原島陽一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 料亭、遊女屋などで、客が使用人など全員に出す祝儀。
※雑俳・口よせ草(1736)「そう花に舟の者までかしこまる」
※滑稽本・浮世床(1813‐23)初「おらが花は総花にしても三十六文ですむ」
② すべての関係者をまんべんなく立ててやること。皆に恩恵を与えること。→総花式。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

医食同源

病気を治療するのも日常の食事をするのも、ともに生命を養い健康を保つために欠くことができないもので、源は同じだという考え。[補説]古くから中国にある、体によい食材を日常的に食べて健康を保てば、特に薬など...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

総花の関連情報