コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方章 おがた あきら

2件 の用語解説(緒方章の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方章 おがた-あきら

1887-1978 大正-昭和時代の薬学者。
明治20年10月26日生まれ。緒方洪庵(こうあん)の孫。緒方知三郎の弟。昭和5年母校東京帝大の教授となり,新設の臓器薬品化学講座を担当。わが国における内分泌化学の創始者として知られる。日本薬学会会頭,中央薬事審議会会長,日本薬剤師協会会長。昭和53年8月22日死去。90歳。大阪出身。著作に「化学実験操作法」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緒方章
おがたあきら
(1887―1978)

薬学者。緒方洪庵(こうあん)の孫。大坂の適塾旧宅に生まれる。東京帝国大学卒業。長井長義(ながよし)に師事。アミン誘導体の麻酔作用発見により薬学博士。ベルリン大学のヨアヒモグルGeorges Joachimoglu(1887―1979)の下で実験薬理学を研究。1929年(昭和4)東京帝国大学教授。臓器薬品化学講座を創設、薬学に薬理学、内分泌化学、生物化学の領域を開発した。ウシ睾丸(こうがん)からの男性ホルモンの単離や甲状腺(こうじょうせん)ホルモンの研究を行い、とくにウシ耳下腺から化学的にタンパク系唾液腺(だえきせん)ホルモン、パロチンを単離し製品化することに兄の病理学者知三郎とともに寄与した。東京大学名誉教授。中央薬事審議会長、日本薬学会頭、日本薬剤師協会長、内分泌学会長ほかを歴任。著書に『化学実験操作法』(近藤竜(こんどうとおる)(1897―1953)との共著)、『臓器薬品化学』、自伝『一粒の麦』などがある。[根本曽代子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

緒方章の関連キーワード落合英二伊藤四十二上尾庄次郎亀谷哲治清水藤太郎武田二郎辰野高司富田真雄伴義雄村山義温

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone