コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

緒方知三郎 おがたともさぶろう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

緒方知三郎
おがたともさぶろう

[生]1883.1.31. 東京
[没]1973.8.25. 東京
病理学者。緒方惟準の3男。 1908年東京帝国大学医科大学卒業,ただちに病理学教室に入り,10年から3年間ヨーロッパに留学。 23年東京帝国大学教授となった。ビタミン欠乏症内分泌の研究を行い,唾液腺ホルモンパロチンを発見した。 43年に東京大学を退官後,老年病理学の研究を始め,54年に財団法人老人病研究会を設立。 68年には日本医科大学にそれを移管し,老人病研究の先鞭をつけた。 46~52年東京医科大学学長。 44年帝国学士院の恩賜賞を受賞。 57年文化勲章受章。主著『病理学総論』。余技の奇術研究も有名で,アマチュアマジシャンズクラブの創始者。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

緒方知三郎 おがた-ともさぶろう

1883-1973 大正-昭和時代の病理学者。
明治16年1月31日生まれ。緒方惟準(これよし)の3男。ドイツ留学後,大正12年東京帝大教授。唾液腺(だえきせん)内分泌や老化機構などの研究で知られる。退官後東京医大初代学長,老人病研究所長などをつとめた。昭和19年学士院恩賜賞,32年文化勲章。昭和48年8月25日死去。90歳。東京出身。東京帝大卒。著作に「病理学総論」「病理学入門」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

おがたともさぶろう【緒方知三郎】

1883‐1973(明治16‐昭和48)
大正・昭和期の病理学者。唾液腺ホルモン(パロチン)の研究で知られる。東京生れ。緒方洪庵直系の孫。東大卒後病理学教室に入り,渡独ののち東大助教授を経て1923年教授。ビタミンB欠乏症,糖代謝異常,カシン=ベック病,老年病など広範な研究を展開。〈唾液腺の内分泌に関する研究〉で学士院恩賜賞(1944)を受け,のち文化勲章受章(1957),学士院会員となる。東大退官後,東京医科大学学長兼理事長,日本医科大学の老人病研究所所長などを歴任,医学教育と研究につとめた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

おがたともさぶろう【緒方知三郎】

1883~1973) 病理学者。東京生まれ。唾液腺分泌・ビタミン B 欠乏症・老人病を研究。東大教授・東京医大学長などを歴任。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

緒方知三郎
おがたともさぶろう
(1883―1973)

病理学者。東京生まれ。1907年(明治40)東京帝国大学医科大学を卒業、同大学助手となり病理学教室に勤務。1910年ドイツに留学、主としてアショフについて病理学を研究、1913年(大正2)帰国、母校の助教授となった。翌1914年、主論文『輸精管結紮(けっさつ)およびイクテローゲン中毒に際する肝硬変および黄疸(おうだん)の発生』で医学博士号を得た。1923年病理学教授に就任、1943年(昭和18)までその任にあった。この間、脚気(かっけ)の本態に関する研究、唾液腺(だえきせん)の内分泌機構の発見、カシン‐ベック病の究明、パロチン(唾液腺ホルモン剤)の精製、老人性変化の本態の研究に力を注ぎ、1944年には唾液腺の研究で帝国学士院恩賜賞を受賞した。東大退官後、東京医科大学学長兼理事長、日本学士院会員、日本医科大学教授、老人病研究所長などを歴任、1957年には文化勲章を受章した。著書に『病理学総論』『病理学入門』などがある。[大鳥蘭三郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

緒方知三郎の関連キーワード日本の医学史(年表)ツベルクリン反応三田村篤志郎恩賜賞受賞者島薗 順次郎馬杉 復三昭和時代緒方章

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android