編制(読み)へんせい

精選版 日本国語大辞典「編制」の解説

へん‐せい【編制】

〘名〙
① 個々のものを集めて組織だった集団をつくること。特に、軍隊を組織すること。編成
※西洋聞見録(1869‐71)〈村田文夫〉後「民兵を編制し凡六十万兵を得たりしが」
※改正教育令制定理由(1880)二二条「小学校の教則は〈略〉府知事県令土地の情況を量りて之を編制し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「編制」の解説

へん‐せい【編制】

[名](スル)個々別々のものを集めて団体を組織すること。特に、軍隊を組織すること。「大隊編制する」
[類語]組織構成編成組成構造機構体制体系組立て仕組みシステム

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「編制」の解説

【編制】へんせい

組織。

字通「編」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android