コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

縞状磁気異常 しまじょうじきいじょう

百科事典マイペディアの解説

縞状磁気異常【しまじょうじきいじょう】

海上磁気測定で中央海嶺(かいれい)に平行に縞状に観測される磁気異常。北米西海岸に見られるものが有名。この現象は,バインとマシューズ(1963年)によって,〈海洋底が中央海嶺から湧き出し冷却する時に当時の地球磁場を記憶し,その地球磁場が反転を繰り返すため海嶺軸に対して左右対称な磁気の強弱の縞模様が形成される〉と説明された。
→関連項目トランスフォーム断層

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しまじょうじきいじょう【縞状磁気異常 striped pattern of geomagnetic anomaly】

海洋上で観測される磁気異常で,正の異常を黒く塗ると縞状になるので名づけられた。磁気異常は幅20~30km,長さ数百kmで海嶺の両側で対称な模様となる。海洋底が縞状に正負に磁化していることになり,1950年代の最大の謎であったが,63年にバインF.VineとマシューズD.Matthewsによる,海洋底拡大説地磁気の反転を組み合わせたバイン=マシューズ仮説により解決された。海嶺で湧き出したマントル物質は海洋底となり,海嶺の両側へ拡大していくが,海洋底は海嶺で冷えて固まるときに,その時代の地磁気の方向に自然残留磁気を獲得する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android