コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

織物組織 オリモノソシキ

3件 の用語解説(織物組織の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

おりもの‐そしき【織物組織】

織物を作る縦糸と横糸の組み合わせ。基本的な組織は平織り斜文(しゃもん)織り繻子(しゅす)織りで、これを三原組織というが、絡み織りを加えて四原組織とすることもある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

織物組織【おりものそしき】

経糸(たていと)と緯(よこ)糸の上下の交錯の状態。最も簡単なのは2を単位に構成される平(ひら)織,次いで3を構成単位とする綾(あや)織,また5,7あるいはそれ以上を単位として将棋の桂馬(けいま)のような飛び方で構成される繻子(しゅす)織があり,これらを織物の三原組織と呼ぶ。
→関連項目意匠図織物綜絖

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

岩石学辞典の解説

織物組織

縦糸横糸組織

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone