織物組織(読み)オリモノソシキ

百科事典マイペディアの解説

織物組織【おりものそしき】

経糸(たていと)と緯(よこ)糸の上下の交錯の状態。最も簡単なのは2を単位に構成される平(ひら)織,次いで3を構成単位とする綾(あや)織,また5,7あるいはそれ以上を単位として将棋の桂馬(けいま)のような飛び方で構成される繻子(しゅす)織があり,これらを織物の三原組織と呼ぶ。
→関連項目意匠図織物綜絖

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

おりもの‐そしき【織物組織】

〘名〙 織物の経(たていと)と緯(よこいと)との組み合わせの具合、方法。平織、綾織、繻子織(しゅすおり)などがある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android