コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羂索 ケンサク

2件 の用語解説(羂索の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

けん‐さく【×羂索】

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に環、他端に独鈷杵(とっこしょ)の半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王千手観音不空羂索観音などがこれを持つ。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

けんさく【羂索】

〘仏〙 〔本来は猟具として使う罠わな〕 青・黄・赤・白・黒の五色の糸をなって作る縄状の仏具。端に半形の金剛杵こんごうしよや鐶かんをつける。不動明王・不空羂索観音などが持ち、衆生済度の象徴とする。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

羂索の関連情報