羂索(読み)けんさく

精選版 日本国語大辞典「羂索」の解説

けん‐さく【羂索】

〘名〙
① (「羂」は「わな」の) 鳥獣を捕えるわな。
② 仏語。
(イ) 仏菩薩の、衆生を救い取る働きを象徴するもの。色を撚(よ)り合わせた一端に鐶、他の一端に独鈷(どっこ)の半形をつけたもので、密教で用いる。不動明王不空羂索観音千手観音などがこれを持つ。けんじゃく。
※幸若・つるき讚談(室町末‐近世初)「明王のけむさくはばむ里か外のてきをうち」 〔大日経疏‐五〕
(ロ) (凡人が)煩悩にしばられて動けなくなっている状態。
※吾妻鏡‐建久五年(1194)一二月一〇日「去文治元年。為索叛逆衆。被軍士於諸国之時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「羂索」の解説

けん‐さく【×羂索】

《「羂」はわなの意で、もと、鳥獣をとらえるわなのこと》5色の糸をより合わせ、一端に他端独鈷杵とっこしょの半形をつけた縄状のもの。衆生救済の象徴とされ、不動明王・千手観音・不空羂索観音などがこれを持つ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

最上川

山形県をほぼ南北に貫流する川。全長 229km。吾妻山系に源を発し,北流して米沢・山形盆地を貫流,新庄盆地で流路を西に変え,下流部に庄内平野を形成して日本海に注ぐ。支流が多く,全流域面積 (7040k...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android