コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羂索 ケンサク

大辞林 第三版の解説

けんさく【羂索】

〘仏〙 〔本来は猟具として使う罠わな〕 青・黄・赤・白・黒の五色の糸をなって作る縄状の仏具。端に半形の金剛杵こんごうしよや鐶かんをつける。不動明王・不空羂索観音などが持ち、衆生済度の象徴とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

羂索の関連キーワード香川県三豊市高瀬町下麻東大寺山堺四至図不動の金縛り国中公麻呂山本 瑞雲如意輪観音新納忠之介良弁・朗弁馬頭観音衆生済度光明真言十二支文観世音寺奈良三彩法華堂経帷子不空院ムラユ赤不動金剛杵

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

羂索の関連情報