羂索(読み)けんさく

精選版 日本国語大辞典「羂索」の解説

けん‐さく【羂索】

〘名〙
① (「羂」は「わな」の) 鳥獣を捕えるわな。
② 仏語。
(イ) 仏菩薩の、衆生を救い取る働きを象徴するもの。色を撚(よ)り合わせた索の一端に鐶、他の一端に独鈷(どっこ)の半形をつけたもので、密教で用いる。不動明王、不空羂索観音、千手観音などがこれを持つ。けんじゃく。
※幸若・つるき讚談(室町末‐近世初)「明王のけむさくはばむ里か外のてきをうち」 〔大日経疏‐五〕
(ロ) (凡人が)煩悩にしばられて動けなくなっている状態。
※吾妻鏡‐建久五年(1194)一二月一〇日「去文治元年。為索叛逆衆。被軍士於諸国之時」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android