羅氈草(読み)らせんそう

精選版 日本国語大辞典「羅氈草」の解説

らせん‐そう ‥サウ【羅氈草】

〘名〙 シナノキ科一年草。本州の関東以西、四国、九州の山野に生える。高さ約一メートル。全体に細毛を散布する。葉は長柄をもち卵形で基部は切れ込み縁に鋸歯(きょし)がある。夏から秋にかけ、葉腋にごく小さな黄色い五弁花を開く。果実は球形で先の曲がった刺(とげ)が一面に生え、その手ざわりが毛織物羅氈に似ているところからの名。〔日本植物名彙(1884)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「羅氈草」の解説

らせん‐そう〔‐サウ〕【羅×氈草】

シナノキ科の一年草。暖地荒地に生え、高さ約1メートル。全体に毛がある。卵形の葉が互生し、秋に葉と対生してを出し、黄色い小花を密につける。実は球形で(かぎ)状の毛が密生し、羅氈手触りに似る。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版「羅氈草」の解説

羅氈草 (ラセンソウ)

学名Triumfetta japonica
植物。シナノキ科の一年草

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

鳴き竜

天井と床などのように互いに平行に向き合った堅い面がある場所で拍手・足音などの衝撃性短音を発したとき、往復反射のためピチピチとかブルブルなど特殊な音色をもって聞こえることがある。この現象をフラッターエコ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android