コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

羅越国 らえつこくLuo-yue-guo; Lo-yüeh-kuo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

羅越国
らえつこく
Luo-yue-guo; Lo-yüeh-kuo

マレー半島南端にあったと考えられる国。中国の『新唐書』 (→唐書 ) 地理志にその記述がある。しかしそれがどこであったか,また羅越が何の対音であるかについては定説がない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

らえつこく【羅越国】

8世紀前後にマレー半島南部にあったと推定される王国。その位置についてはさまざまな議論があるが,史料としては《新唐書》地理志に引く賈耽(かたん)の地理書の逸文しかないため,詳しいことはわからない。当時マレー半島に数多くあった,インドと中国との間の中継貿易に基礎を置いた小国家の一つであろう。日本の高岳親王(真如)遷化(せんげ)の地として知られるが,親王が虎に殺されたとする記述には疑問がある。【生田 滋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

羅越国の関連キーワード中瓘

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android