コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美しき惑いの年 うつくしきまどいのとしDas Jahr der schönen Täuschungen

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美しき惑いの年
うつくしきまどいのとし
Das Jahr der schönen Täuschungen

ドイツの作家 H.カロッサの自伝的青春小説。 1941年刊。ミュンヘン医科大学の学生となって,憧れの都会に出てきた純朴な青年「私」が,授業での感銘,社会の動きや文学の新鮮さに目をみはり,とまどいに満ちた1年をおくる。特に官能的なアルディーンと精神性を感じさせるアマーリエの2人の女性の間に「私」の心は揺れ動くが,結局は郷里の自然の美しさのなかにアマーリエを見出す。円熟した老作家の目が,「美しき惑い」とみた青春時代の自己形成の過程を,抑制した筆致で淡々とうたい上げた独特の詩的な作品。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美しき惑いの年
うつくしきまどいのとし
Das Jahr der schnen Tuschungen

ドイツの作家カロッサの中編自伝小説。1941年刊。バイエルンの田舎(いなか)に育ち、小都市ランツフートの高等学校を卒業した作者は、1897年、大学医学部入学のためミュンヘンに行くが、上京後約1年間の刺激と誘惑に満ちた生活を、40余年後に回顧し、文学的につづったのがこの作品である。青年の日々は錯覚の連続であるが、その「美しき錯覚」こそ、高次の真実を認識させ、魂を育てるものだという考え方が作品の基調をなし、若者らしい予感と憧憬(しょうけい)が描かれると同時に、控え目な筆致ながら、当時の学芸・思想の動向がみごとにとらえられている。ときに人生の暗い部分や退廃にも触れられるが、彼独特の善意とユーモアは乱れることなく、全編を明るく包んでいる。[平尾浩三]
『手塚富雄訳『美しき惑いの年』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android