コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美しき惑いの年 うつくしきまどいのとし Das Jahr der schönen Täuschungen

2件 の用語解説(美しき惑いの年の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美しき惑いの年
うつくしきまどいのとし
Das Jahr der schönen Täuschungen

ドイツの作家 H.カロッサの自伝的青春小説。 1941年刊。ミュンヘン医科大学の学生となって,憧れの都会に出てきた純朴な青年「私」が,授業での感銘,社会の動きや文学の新鮮さに目をみはり,とまどいに満ちた1年をおくる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美しき惑いの年
うつくしきまどいのとし
Das Jahr der schnen Tuschungen

ドイツの作家カロッサの中編自伝小説。1941年刊。バイエルンの田舎(いなか)に育ち、小都市ランツフートの高等学校を卒業した作者は、1897年、大学医学部入学のためミュンヘンに行くが、上京後約1年間の刺激と誘惑に満ちた生活を、40余年後に回顧し、文学的につづったのがこの作品である。青年の日々は錯覚の連続であるが、その「美しき錯覚」こそ、高次の真実を認識させ、魂を育てるものだという考え方が作品の基調をなし、若者らしい予感と憧憬(しょうけい)が描かれると同時に、控え目な筆致ながら、当時の学芸・思想の動向がみごとにとらえられている。ときに人生の暗い部分や退廃にも触れられるが、彼独特の善意とユーモアは乱れることなく、全編を明るく包んでいる。[平尾浩三]
『手塚富雄訳『美しき惑いの年』(岩波文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

美しき惑いの年の関連キーワードカロッサ西ドイツブレッサノーネヘルムリーン幼年時代グロッサリー統一ドイツドイツの小さな町パームサンデー/自伝的コラージュ本は楽しい/僕の自伝的読書ノート

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone