美観地区(読み)ビカンチク

百科事典マイペディアの解説

美観地区【びかんちく】

都市の美観を維持するために,建築物の敷地,構造,建築設備などを制限することを定めた地区。ふつう都心部,公館地区,名勝地など都市の一部分が対象とされる。建築基準法等に基づき地方公共団体の美観地区条例によって制限事項が定められる。→風致地区
→関連項目地域地区制

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

びかんちく【美観地区】

市街地の美観を維持するために都市計画法により定められる地区。建造物・屋外広告物などが規制される。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美観地区
びかんちく

都市計画法のなかで定められていた地域地区の一つ。街並みなどの建築物を主体とした市街地の美観を維持するために指定されていたが、2005年(平成17)に制定された景観法により廃止され、新たに「景観地区」が創設された。[山鹿誠次・編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

びかん‐ちく ビクヮン‥【美観地区】

〘名〙 都市計画区域内で、市街地の美観を維持するために、建築物の敷地、構造、設備などについて地方公共団体が条例により制限している地域。〔都市計画法(1969)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美観地区の関連情報