コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

建築設備 けんちくせつびbuilding equipment

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

建築設備
けんちくせつび
building equipment

居住者の保健性,快適性,利便性,安全性などを確保するため,あるいは工場などにあっては生産性をあげるため,建築物に付設される設備の総称。空気調和設備給排水設備消火設備,防災設備,電気設備,照明設備,搬送設備,厨房設備,衛生設備,ごみ処理設備,ガス設備などが含まれる。一般的に都市設備である電気,ガス,上下水道,通信のネットワーク設備,地域冷暖房設備,ごみ処理施設などとは区別されている。建築設備は建築物の機能性向上,省エネルギー省資源,地球環境保全などに大きく関与するために,その重要性がますます大きくなっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

けんちくせつび【建築設備 building equipment】

現代の建築物の内部には,要求されるさまざまな機能を果たすために,電気やガス,あるいは給排水のための装置や機器が大量に組み込まれている。要求される機能は多様であり,また巨大な超高層建築から1戸建ての小住宅に至るまでその規模も非常に異なるが,これら建築物と一体となってその効果を全うする各種の装置,機器施設などを総称して建築設備と呼ぶ。建築の元来の機能とは,外敵を防ぎ,雨露をしのぐことであったと思われるが,人間は生活を営むうえでの必要から各種の物質道具を建物内に持ち込んで使用するようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

建築設備
けんちくせつび

各種の建物に求められる諸機能を充足し、建物に居住する人の健康を守り、安全性、作業能率、快適性を高めるための電気、機械、供給処理、輸送、情報伝達などの設備をいう。建物自体はむろん、建物の機能と居住性を高めるために適切な材料と構造を用い、目的にあった設計に基づいて建てられる。日射、昼光、風、水、土、植生といった自然エネルギーをできるだけ利用して居住性を高めようとする考えは設計の基本的思考である。今日、この考えによる方向をパッシブまたはソフトであるといい、資源エネルギーを消費する設備機器に頼る方向をアクティブまたはハードであるという。高度の居住性や特定の機能を充足するためには建築設備に頼らざるをえない。しかし、建築設備の多くは有用便利なものではあるが、なくてはすまされない不可欠なものではない。不可欠なものは自然環境である。自然環境を破壊せず、パッシブな方向だけではどうしても悪化するところを建築設備でカバーするという方向、とくにエネルギー消費型の設備を最小化する方向を実現することが今後の課題であろう。
 建築設備は大きく次の8種に分けられる。
(1)熱・空気調整設備 人の健康、作業能率、快適感、温冷感と環境の熱・空気条件との関係に基づいて換気・暖房・冷房設備が設けられる。換気設備は室空気の悪化、汚染を防止し、衛生上必要な換気量(新鮮外気の導入)を与える。暖冷房設備は室空気の温湿度、室周壁の温度を調整して居住性を高める設備で、蒸気、温水、温風による暖房方法は19世紀初頭から普及した。今日では熱ポンプによる暖房が加わった。空気調和設備は換気、暖房、冷房の機能を含み、さらに湿度と室内気流を調整し、空気の浄化を行う総合的設備であり、20世紀の初頭に開発され、初めは生産過程や貯蔵を目的とする施設に適用された。高度な清浄空気を必要とする所に用いられるクリーンルーム設備や、空気汚染や熱発生の大きい工場などに用いられる工場換気設備は一部門をなしている。
(2)水調整設備 人の居住および生産過程に必要な水を供給し、使用されて汚れた水を排除する給排水設備は諸設備のなかでもっとも重要で不可欠な設備である。給水浄化、排水処理は衛生および環境保全の点で重要であるが、水源水質の低下は水量の不足とともに絶えず解決を迫られる問題であり、また今日の排水処理システムは工場排水を含むために、環境を汚染することなく維持することが今後ますます困難になると思われる。対策は、工場排水の個別処理、生活排水の自然循環原理にたつ(土壌利用)処理、井水利用促進計画など建築設備の一部とみられる小システムの開発であろう。水調整にはこのほか、給湯、飲用冷水供給、および消火用水供給の設備が含まれる。
(3)電気設備 動力源、熱源、光源として電力の受電・変電設備、配管(電線管)、配線設備、および照明設備と、それらに付属する各種の制御装置。
(4)ガス設備 各種都市ガス用、プロパンガス(LPG)用の各種設備機器(エンジン、冷凍機、暖房・給湯機器、料理用機器)およびガス配管設備。
(5)消・防火設備 火災感知、煙感知、警報通報の機器類、および消火設備、排煙設備。
(6)輸送設備 エレベーター、エスカレーター、エアシューター、各種物品輸送機。
(7)情報伝達設備 電話、インターホン、音響設備(オーディトリアム音響設備、呼出し・告知用、BGM用スピーカーシステムなど)。
(8)塵芥(じんかい)処理設備 ダストシュート、塵芥焼却炉、厨芥(ちゅうかい)処理器、真空塵芥輸送装置。[石原正雄]
『井上宇市他編『建築設備ハンドブック』(1981・朝倉書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

建築設備の関連キーワード建築基準法第8条(維持保全)ソーラーシステムイトーヨーギョー久留米工業大学建築確認申請アメリカ建築建築環境工学BELCA賞タイルメント暁飯島工業吉田 享二建築設備士建築基準法たけでんアパート協和日成アラップ安全基準カネソウ三機工業

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

建築設備の関連情報