風致地区(読み)ふうちちく(英語表記)scenic area

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

風致地区
ふうちちく
scenic area

自然的ならびに歴史的に重要な風致を維持するため,都市計画法に従い指定を受けた都市計画区域内の特定地区。指定地区内では付近の景観との調和を乱すような行為,たとえばみだりに森林伐採して裸地化したり,高層建築物を建てたりすることが禁止されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

風致地区【ふうちちく】

都市計画区域内において風致を維持するため,工作物の構築・除却,宅地の造成,竹木土石の類の採取等を禁止または制限された地区で,都市計画法に基づいて指定される。→美観地区
→関連項目地域地区制

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ふうちちく【風致地区】

都市の自然のありさまを保存し維持するために、自然の美しさをそこなう行為などを規制している地域。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

風致地区
ふうちちく

都市計画法に定められている地域地区の一つで、都市計画区域内の自然的環境を主体とした都市景観を維持するため、とくに必要とされる地区が指定される。風致地区内では、自然的環境をできるだけ保全し、良好な居住環境を維持するため、一定の行為について制限がなされる。すなわち、風致地区内で建築あるいは土地の形の変更、木竹の伐採、土石の採取、水面の埋立て・干拓、その他風致の維持に影響を及ぼすおそれのある行為は、条例によって規制される。緑地保全地区との差異は、現状を凍結的に保全すべき所を緑地保全地区、ある程度の改変が行われてもよい地域を風致地区に指定している。また景観地区との差異は、景観地区が主として建築物などの人工景観を対象とするのに対し、風致地区は自然景観の維持が主体である。[山鹿誠次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ふうち‐ちく【風致地区】

〘名〙 都市の風致を維持するために、都市計画区域内で、特に指定された地区。地区内における建築・宅地造成・竹木の伐採などにつき規制が行なわれる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

風致地区の関連情報