コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

美麻 みあさ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

美麻
みあさ

長野県北西部,大町市北東部の旧村域。筑摩山地の北西部にある。 2006年大町市に編入。地名の由来は,古くから良質の麻の産地であったことによる。犀川支流の土尻川の上流域にあり,山に囲まれ,耕地は少ない。ソバ,野菜の栽培が行なわれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

美麻
みあさ

長野県北西部、北安曇(きたあずみ)郡にあった旧村名(美麻村(むら))。現在は大町(おおまち)市の北東部を占める。旧美麻村は2006年(平成18)大町市に編入。筑摩(ちくま)山地にある山村で、丘陵状の地形の小凹地に集落や水田が集まっている。耕地は旧村域の約5%にすぎない。冬季は積雪があり交通不便なため、人口流出が多く、全戸離村した集落もある。昭和20年代まではアサの栽培が盛んで、地名もこれから生じた。ソバの生産が多く、収穫時の9月にはソバ祭りが行われる。[小林寛義]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

美麻の関連キーワード長野県大町市美麻県犬養沙弥麻呂安倍沙弥麻呂中臣意美麻呂長野県大町市大中臣清麻呂昆解沙弥麻呂藤原不比等大町(市)入江 為守中臣東人藤原氏中臣氏

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

美麻の関連情報