義疏学(読み)ぎそがく(英語表記)Yi-shu-xue

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

義疏学
ぎそがく
Yi-shu-xue

中国の経学の一形態。六朝時代には,おそらくは仏典研究の影響を受けて,中国経書の研究でも,漢,魏の時代のに「疏」を加えて,経,注の意味を敷延,解説することが盛んに行われた。現存する代表的なものは南北朝,梁の皇侃 (おうがん) の『論語義疏』で,この学風の完成は唐の『五経正義』である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ぎそがく【義疏学 Yì shū xué】

中国,経典の意味内容をくわしく説きあかす学問。義疏とは,経義を疏通すること,またその書物をいう。仏典では経の祖師説あるいは祖師の論を注解したものを義疏といい,竺道生(じくどうしよう)の著した《法華義疏(ほつけぎしよ)》は,現存のもっとも古い《法華経》の注釈書である。この語が儒学の分野に用いられたのは,宋の明帝の《周易義疏》からであり,義疏の学は六朝から唐の中ごろまで,はなはだ盛んに行われた。それはこの時期の儒学が老荘および仏教の盛行におされてまったく不振の状態にあり,門閥貴族は教養として儒学を尊重しながら,儒学の専門家の博士をはなはだ蔑視していた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報