羽客(読み)うかく

精選版 日本国語大辞典の解説

う‐かく【羽客】

〘名〙
① 神仙と化して、空を飛ぶことができるようになった人。仙人。仙客。やまびと。
※文華秀麗集(818)上・秋山作〈朝野鹿取〉「羽客裳斑蜺気度、隠人帯緑女蘿懸」 〔竹杖賦〕
② 道教を修めた人。道士。〔書言故事‐道教類〕
③ 一定の場所に落ち着かないで、諸方を遊びまわる遊客をしゃれていう語。
※洒落本・異素六帖(1757)「初会切りの客。羽客(ウカク)笙歌此地違〈略〉羽客(ウカク)ははねがはへてとびありくきゃく也」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

う‐かく【羽客】

神仙となって空をとべるようになった人。仙人仙客
「―は霞に乗りて至り、仙人は月を玩(もてあそ)ぶ」〈宴曲集・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android