コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

翻字 ほんじtransliteration

翻訳|transliteration

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

翻字
ほんじ
transliteration

ある文字体系で書かれているものを異なる文字体系 (通例はローマ字 ) に1対1の関係を保ちながら書き換えること。転字ともいう。実際の発音に関係なく,字母から字母へ機械的に対応させて移すことをさすのが普通。実際の発音を音声表記,音韻表記することは転写 transcriptionと呼んで区別する。ただし,術語の邦訳は各種の案があり,「転写」を transliterationに用いる人もいる。たとえば,歴史的かなづかいの「こほり」 (氷) の transliterationは,koporiであるのに対し,この現代の読み方の transcriptionは,kooriである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほん‐じ【翻字】

[名](スル)ある文字体系で書かれたものを、他の文字体系を使って書き換えること。「キリシタン文献を漢字カタカナまじりに翻字する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほんじ【翻字】

( 名 ) スル 〔transliteration〕
ある文字で書かれている語句や文章を、別の文字に書き改めること。 「ローマ字文を漢字仮名まじり文に-する」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

翻字

変換規則や変換表に基づき,ある文字体系を別の文字体系に変換すること.例えば,日本語の文字である「そら」をローマ字で「sora」とすること.特にローマ字以外の文字をローマ字に翻字することを「ローマ字化」といい,これは,目録作成においては,記述や排列の便のために長く用いられてきた.国際標準規格として,日本語,キリル文字,ハングル,アラビア文字などのローマ字化の規則が定められている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

世界大百科事典内の翻字の言及

【文字】より

… すでに文字表記の習慣のある言語についても,それがローマ字以外の文字である場合には幾つかの言語を比較対照する目的などのために固有の文字の代りにローマ字を用いる場合がある。その場合,固有の文字のつづりを離れてその言語の音をローマ字で〈表記〉する場合と,固有の文字のつづりに即してローマ字で〈転写〉(あるいは翻字)する場合とがあり,それぞれ目的に応じて長短がある。表記にあたって音声学的に表記しようとすれば,普通のローマ字では字が不足である。…

※「翻字」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

翻字の関連キーワードISO/TC46日本関係海外史料ショスタコビチ上代特殊仮名遣ローリンソンコリャードかなづかい安東省庵バレト