コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老いらく オイラク

デジタル大辞泉の解説

おい‐らく【老いらく】

《「お(老)ゆ」のク語法「おゆらく」の音変化》年老いること。老年。
「さくら花散りかひくもれ―の来むといふなる道まがふがに」〈古今・賀〉
(「らく」を「楽」の意にとって「老い楽」と書く)老後の楽しみ。老後の安らぎ。
「今歳の暮にはお袋を引取って、ちと―をさせずばなるまい」〈二葉亭浮雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

老いらくの関連キーワードハウプトマン(Gerhart Hauptmann)セプテンバーセックスアンリ ラヴダン老いらくの恋添田 唖蝉坊神方古香川田 順川田順日没前虹の岬流行語霜の蓬延言無い紛うらく綾鼓止るがに

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

老いらくの関連情報