コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老人性腟炎(萎縮性腟炎) ろうじんせいちつえんいしゅくせいちつえんSenile Colpitis

家庭医学館の解説

ろうじんせいちつえんいしゅくせいちつえん【老人性腟炎(萎縮性腟炎) Senile Colpitis】

[どんな病気か]
 更年期にはいると、卵巣(らんそう)の機能が低下し、やがて停止します。それにともなって、女性ホルモンの分泌(ぶんぴつ)も、低下あるいは停止しますが、これにより、腟粘膜(ちつねんまく)は萎縮し、腟の自浄作用も衰えるので、一般の細菌が感染しやすくなり、腟炎がおこります。
 このような老年期の女性におこる腟炎を老人性腟炎、または萎縮性腟炎といいます。
 また、更年期以前でも、悪性腫瘍(しゅよう)(卵巣(らんそう)がん(「卵巣がん」)、子宮(しきゅう)がん(「子宮がん」)、乳(にゅう)がん(「乳がん」)など)により両側の卵巣の摘出手術を受けた人も、同様に女性ホルモンの分泌が停止し、萎縮性腟炎をおこす結果となります。
[症状]
 淡黄色の膿性(のうせい)の帯下(たいげ)(おりもの)と、腟粘膜の点状の出血がおもな症状ですが、ときには、性行為による接触出血がみられたり、腟粘膜の萎縮による性交痛を感じることもあります。
[検査と診断]
 腟内分泌物の細菌培養や、腟細胞診(ちつさいぼうしん)などのほか、腟粘膜の萎縮と斑点状出血を認めることからも、老人性腟炎の診断ができます。ときには、女性ホルモン(卵胞(らんぽう)ホルモン)、脳下垂体前葉(のうかすいたいぜんよう)ホルモン(卵胞刺激ホルモン、黄体形成(おうたいけいせい)ホルモン)などの測定も必要となります。
[治療]
 女性ホルモンの腟錠(ちつじょう)、抗生物質の腟錠の併用のほかに、最近は女性ホルモンの補充療法などが積極的に行なわれていますが、使用方法によっては不正性器出血をみたり、使用してはいけないケース(乳がん、子宮体がん、卵巣がんなどの治療歴のある人)もあり、いずれにしても、専門医と相談のうえでの使用が必要です。

出典|小学館家庭医学館について | 情報

老人性腟炎(萎縮性腟炎)の関連キーワード老化にともなう女性性器の病気と症状女性性器のしくみとはたらき帯下(こしけ/おりもの)性交不能症(性機能障害)

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android