コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

老伴(おいのとも)

2件 の用語解説(老伴(おいのとも)の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

老伴(おいのとも)

三重県松阪市、柳屋奉善が製造・販売する銘菓。最中に羊羹を流し込み、片面を糖蜜で覆ったもの。古くは「古瓦」として売られた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

老伴
おいのとも

三重県松阪(まつさか)市の名菓。いわば最中(もなか)の変形だが、老伴の創始は最中より古い天正(てんしょう)年間(1573~92)、近江(おうみ)国(滋賀県)日野から松阪に移った蒲生氏郷(がもううじさと)の御用菓子司、柳屋奉善の手になる。最中は2枚の皮を拝み合わせにするが、老伴は1枚の最中種(だね)に、朝日に見立てた紅餡(べにあん)を盛った。最中皮の文様は、帰化人東漢(やまとのあや)氏の屋敷の端瓦を写したといわれ、菓子名も初めは「古瓦」であった。紅餡をいまの羊かん種に変えたのは幕末のことで、松阪の長者、三井高利がある茶席で「老いののちもともどもに」と賞賛し、このため菓子名も「老伴」に改められた。[沢 史生]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

老伴(おいのとも)の関連キーワード鈴もなか三重県松阪市愛宕町三重県松阪市伊勢寺町三重県松阪市魚町三重県松阪市京町三重県松阪市新町三重県松阪市西町三重県松阪市光町三重県松阪市本町三重県松阪市宮町

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone