コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

耐震改修促進法 タイシンカイシュウソクシンホウ

2件 の用語解説(耐震改修促進法の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

たいしんかいしゅうそくしん‐ほう〔タイシンカイシウソクシンハフ〕【耐震改修促進法】

《「建築物の耐震改修の促進に関する法律」の通称》地震による建築物の倒壊等の被害から国民の生命・身体・財産を保護するために、建築物の耐震改修を促進する措置を講じ、耐震安全性の向上を図ることを目的として定められた法律。阪神・淡路大震災を教訓に制定された。平成7年(1995)施行。各都道府県は、国土交通大臣が定めた基本方針に基づいて、数値目標や必要な施策などを盛り込んだ耐震改修促進計画を定めなければならない。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

リフォーム用語集の解説

耐震改修促進法

多数の人が利用する一定の建物の所有者に対し、建築基準法耐震基準と同等以上の耐震性能を確保するための耐震診断・耐震改修を行う努力義務を設けた法律。耐震改修計画の認定を受けた場合(住宅も対象となる)は、建築確認等の手続きの特例、建築基準法の特例、住宅金融公庫などの資金貸付け、税制上の特例などの優遇措置が受けられる。

出典|リフォーム ホームプロ
リフォーム用語集について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone

耐震改修促進法の関連情報