一朝一夕(読み)イッチョウイッセキ

デジタル大辞泉の解説

いっちょう‐いっせき〔イツテウ‐〕【一朝一夕】

《一日か一晩か、の意から》わずかな期間。短い時日。「これほどの大事業は一朝一夕には成就しない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いっちょういっせき【一朝一夕】

〔易経 坤卦
ひと朝とひと晩。わずかな時日のたとえ。 「 -には完成しない」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いっちょう‐いっせき イッテウ‥【一朝一夕】

〘名〙 (「一日か一晩か」の意から) 期間が短くて速いこと。わずかの時間。ほんの少しの間。多く打消を伴う表現となる。
※太平記(14C後)一「啻(ただ)禍、一朝一夕の故に匪(あら)ず」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉一五「なかなか一朝一夕(イッテウイッセキ)に解決の出来ぬ難問題を提出する」 〔易経‐坤卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一朝一夕の関連情報