一朝一夕(読み)イッチョウイッセキ

  • いっちょういっせき イッテウ‥
  • いっちょういっせき〔イツテウ〕

デジタル大辞泉の解説

《一日か一晩か、の意から》わずかな期間。短い時日。「これほどの大事業は一朝一夕には成就しない」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「一日か一晩か」の意から) 期間が短くて速いこと。わずかの時間。ほんの少しの間。多く打消を伴う表現となる。
※太平記(14C後)一「啻(ただ)禍、一朝一夕の故に匪(あら)ず」
※雁(1911‐13)〈森鴎外〉一五「なかなか一朝一夕(イッテウイッセキ)に解決の出来ぬ難問題を提出する」 〔易経‐坤卦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

期間が短くて速いこと。わずかの時間。ほんの少しの間。

[活用] ―に。

[使用例] なかなか一朝一夕に解決の出来ぬ難問題を提出する[森鷗外*|1911~13]

[使用例] 旧刑訴時代に教育を受け、実務の経験がある人間の心性の改造は、一朝一に出来ることではない[大岡昇平*事件|1977]

[解説] 「一朝」は一日、「一夕」は一夜で、一日や一晩という意味。多く打消を伴う表現となり、事柄が簡単・単純ではない意味に用います。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一朝一夕の関連情報