職員録(読み)ショクインロク

大辞林 第三版の解説

しょくいんろく【職員録】

官庁や会社で、職員の職名・姓名などを印刷した名簿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

職員録

その時々において,在職している一定範囲の公務員などを対象として,部局ごとに職位,資格,氏名などを記載した名簿.政府,地方自治体以外の団体,機関について,その職員や社員などの人物情報を収録した名簿も職員録と呼ばれる.日本では,代表的なものとして,毎年度,国立印刷局が編集,発行している『職員録』(1886-  )があり,これには国の機関,独立行政法人,特殊法人,都道府県,市町村の職員で,国の係長およびその相当職以上とされる者のすべてが登載されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職員録の関連情報