職員録(読み)ショクインロク

大辞林 第三版の解説

しょくいんろく【職員録】

官庁や会社で、職員の職名・姓名などを印刷した名簿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

図書館情報学用語辞典の解説

職員録

その時々において,在職している一定範囲の公務員などを対象として,部局ごとに職位,資格,氏名などを記載した名簿.政府,地方自治体以外の団体,機関について,その職員や社員などの人物情報を収録した名簿も職員録と呼ばれる.日本では,代表的なものとして,毎年度,国立印刷局が編集,発行している『職員録』(1886-  )があり,これには国の機関,独立行政法人,特殊法人,都道府県,市町村の職員で,国の係長およびその相当職以上とされる者のすべてが登載されている.

出典 図書館情報学用語辞典 第4版図書館情報学用語辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しょくいん‐ろく ショクヰン‥【職員録】

〘名〙
① 職員の氏名、職名、住所などを記載した印刷物
② 国立印刷局(もとは大蔵省印刷局)が、現在国家の事務に従事しているものの官職・氏名などを記載して、毎年編集・発行する印刷物。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

職員録の関連情報