コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

職能国家 しょくのうこっか service state

2件 の用語解説(職能国家の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

職能国家
しょくのうこっか
service state

社会奉仕国家のことである。 20世紀にいたって社会問題は深刻の度を加えてきたが,国家は積極的にこの問題に取組むべきであると考える国家観。国民に最小限の任務を求める以外自由放任主義の立場をとる夜警国家に対比され,干渉主義,積極主義の国家観ともいえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

職能国家
しょくのうこっか

一般的に積極的な機能を遂行する国家の概念であるが、その意味で奉仕国家、積極国家行政国家福祉国家などと重なっている面がある。20世紀に入り、資本主義の高度な発達、機械技術の異常な進歩、大衆民主主義の成立、社会生活の複雑化などに伴って、国家とくに行政府は積極的に国民にサービスするよう要求されたが、この要請を端的に示すのがこの職能国家の概念である。近代には、個人の生活にできるだけ干渉しないほうがよい、という自由国家や夜警国家の概念が支配的であったが、現代では、資本主義の矛盾から生ずる倒産、失業、貧困などの救済のために、国家は積極的な意義を担うようになってきた。それゆえ、この国家概念の転換は、まとめていえば、消極政治から積極政治へ、または放任主義から干渉主義への転換、さらには、政治からの経済の独立ではなく、経済への政治の奉仕を意味するものである。[日下喜一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

職能国家の関連キーワード社会奉仕篤志家奉仕サービスステート社会奉仕命令代替刑20世紀に生きる全裸族奉仕の必修化泉園子地域社会奉仕命令

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone