肉蒲団(読み)ニクブトン

デジタル大辞泉の解説

にくぶとん【肉蒲団】[書名]

中国の好色小説。6巻20回。明末・清初の作家李漁の作といわれ、主人公の未央生が漁色の末に出家する物語。一名、覚後禅。日本でも18世紀初めに出版された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にくぶとん【肉蒲団】

中国、清代の好色小説。六巻二〇回。李漁作。未央生みおうせいという青年が色道遍歴の末、仏門に帰依する物語。性描写と趙子昂ちようすごうの春画によって知られる。別名、覚後禅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肉蒲団
にくぶとん

中国の小説。一名『覚後禅』、また『耶蒲縁(やほえん)』『野叟奇語鍾情録(やそうきごしょうじょうろく)』『循環報』『巧姻縁』などともいう。六巻20回。中国春本の出色。もちろん禁書の厄にあっている。作者についてはかならずしも明らかではないが、明(みん)末清初の文人李漁(りぎょ)(字(あざな)は笠翁(りゅうおう))の作とおぼしい。物語は、主人公未央生の漁色を中心に展開するが、結局その非を悟った未央生が出家して終わる。淫書(いんしょ)でありながら、作者は本書を経書として読めといって、因果応報の理を説き、勧善懲悪のポーズすら装う。まことに人をくったやり方ではあるが、もし本書を風流放誕の才子李漁の作とみるならば、彼の真骨頂を発揮した小説といえる。なお本書は日本にも早く伝わり、江戸時代に宝永(ほうえい)(1704~11)の刊本がある。[村松 暎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

にく‐ぶとん【肉蒲団】

[1] 〘名〙 同衾(どうきん)する女性を蒲団に見なしていう語。転じて、女性の肉体。
※雑俳・柳多留‐一五〇(1838‐40)「国政の綻となる肉布団」
[2] 中国、清代の艷笑小説。一名「覚後禅」。六巻二〇回。李漁作ともいうが不詳。未央生(みおうせい)が色道遍歴ののち、悟りを開き参禅するという筋で、仏教の因果応報が基調となっている。性的技巧の描写と、趙子昂画といわれる三六編の春画がすぐれている。宝永二年(一七〇五)刊の和刻附訓本がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ダイバーシティ

ダイバーシティとは、多様な人材を積極的に活用しようという考え方のこと。 もとは、社会的マイノリティの就業機会拡大を意図して使われることが多かったが、現在は性別や人種の違いに限らず、年齢、性格、学歴、価...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android