コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肉蒲団 ニクブトン

デジタル大辞泉の解説

にくぶとん【肉蒲団】[書名]

中国の好色小説。6巻20回。明末・清初の作家李漁の作といわれ、主人公の未央生が漁色の末に出家する物語。一名、覚後禅。日本でも18世紀初めに出版された。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

にくぶとん【肉蒲団】

中国、清代の好色小説。六巻二〇回。李漁作。未央生みおうせいという青年が色道遍歴の末、仏門に帰依する物語。性描写と趙子昂ちようすごうの春画によって知られる。別名、覚後禅。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肉蒲団
にくぶとん

中国の小説。一名『覚後禅』、また『耶蒲縁(やほえん)』『野叟奇語鍾情録(やそうきごしょうじょうろく)』『循環報』『巧姻縁』などともいう。六巻20回。中国春本の出色。もちろん禁書の厄にあっている。作者についてはかならずしも明らかではないが、明(みん)末清初の文人李漁(りぎょ)(字(あざな)は笠翁(りゅうおう))の作とおぼしい。物語は、主人公未央生の漁色を中心に展開するが、結局その非を悟った未央生が出家して終わる。淫書(いんしょ)でありながら、作者は本書を経書として読めといって、因果応報の理を説き、勧善懲悪のポーズすら装う。まことに人をくったやり方ではあるが、もし本書を風流放誕の才子李漁の作とみるならば、彼の真骨頂を発揮した小説といえる。なお本書は日本にも早く伝わり、江戸時代に宝永(ほうえい)(1704~11)の刊本がある。[村松 暎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

肉蒲団の関連キーワード好色文学村松仏門情史春画

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android