肛門周囲炎(読み)コウモンシュウイエン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肛門周囲炎
こうもんしゅういえん

肛門管および下部直腸周囲の炎症の総称で、肛囲炎ともいう。直腸下端部と肛門皮膚の境界部には肛門腺(せん)が開口する肛門小窩(しょうか)があり、ここから糞便(ふんべん)中にある化膿(かのう)菌(主として大腸菌)が侵入して肛門腺の化膿を引き起こすことによるとされている。炎症が肛門小窩にとどまらず、周囲に波及したものが肛門周囲炎である。肺結核が多かったころは起炎菌として結核菌が注目されたが、現在ではほとんど結核性炎症はみられない。炎症の程度が軽ければ肛門部の違和感か、軽い疼痛(とうつう)程度で数日中に治癒するが、炎症が強くて広範に及ぶと、肛門周囲膿瘍(のうよう)へと進展する。膿瘍化すれば発熱と灼熱(しゃくねつ)痛を伴い、切開により排膿しなければならない。放置すれば膿瘍は自潰(じかい)して痔瘻(じろう)に移行する。[竹馬 浩]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

こうもんしゅうい‐えん コウモンシウヰ‥【肛門周囲炎】

〘名〙 肛門の周囲の皮下、またはさらに深い部分に細菌が感染して起こる炎症。灼熱感や腫(は)れ、痛みなどが生じ、排便や歩行などの動作が困難となる。肛囲炎。直腸周囲炎。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

スト破り

ストライキの際、使用者側について業務を続けること。特に、使用者がストライキに対抗して雇用者の一部や外部からの雇用者を就業させること。また、その労働者。スキャッブ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android