コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肛門周囲炎 コウモンシュウイエン

2件 の用語解説(肛門周囲炎の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こうもんしゅうい‐えん〔カウモンシウヰ‐〕【×肛門周囲炎】

肛門および直腸周囲の炎症。化膿(かのう)菌の侵入によって起こり、痛み・はれ・発熱がみられる。肛囲炎。直腸周囲炎

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肛門周囲炎
こうもんしゅういえん

肛門管および下部直腸周囲の炎症の総称で、肛囲炎ともいう。直腸下端部と肛門皮膚の境界部には肛門腺(せん)が開口する肛門小窩(しょうか)があり、ここから糞便(ふんべん)中にある化膿(かのう)菌(主として大腸菌)が侵入して肛門腺の化膿を引き起こすことによるとされている。炎症が肛門小窩にとどまらず、周囲に波及したものが肛門周囲炎である。肺結核が多かったころは起炎菌として結核菌が注目されたが、現在ではほとんど結核性炎症はみられない。炎症の程度が軽ければ肛門部の違和感か、軽い疼痛(とうつう)程度で数日中に治癒するが、炎症が強くて広範に及ぶと、肛門周囲膿瘍(のうよう)へと進展する。膿瘍化すれば発熱と灼熱(しゃくねつ)痛を伴い、切開により排膿しなければならない。放置すれば膿瘍は自潰(じかい)して痔瘻(じろう)に移行する。[竹馬 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肛門周囲炎の関連キーワード外耳炎化膿菌脊椎炎脳脊髄膜炎心嚢炎直腸周囲炎化膿性疾患急性アメーバ性直腸炎

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone