コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肛門周囲膿瘍 こうもんしゅういのうよう

百科事典マイペディアの解説

肛門周囲膿瘍【こうもんしゅういのうよう】

直腸最下部付近の粘膜から細菌が侵入し,その近傍炎症肛門周囲炎)を起こした結果生じた膿瘍をさす。多くは腸内細菌による急性化膿性のものでごくまれに結核性のものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうもんしゅういのうよう【肛門周囲膿瘍 periproctal abscess】

直腸下部から肛門縁にかけての部分を肛門管というが,この肛門管の周囲に膿瘍ができた状態をいう。女性より男性に多い。肛門管の内面で,直腸粘膜と肛門粘膜のほぼ境界部分に全周にわたって肛門陰窩(いんか)とよぶ小さなくぼみが十数個あるが,この肛門陰窩付近からの感染がおもな原因となる。まれには,肛門周辺の皮膚の毛囊,皮脂腺汗腺の感染や裂肛合併症として起こり,そのほか外傷や異物によって起こることもある。通常,大腸菌ブドウ球菌連鎖球菌嫌気性菌などの混合感染である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肛門周囲膿瘍
こうもんしゅういのうよう

肛門周囲炎の結果、肛門直腸周囲に膿瘍を形成した状態をいう。感染源は肛門腺(せん)にあることが多いが、裂肛や直腸異物創(そう)からの感染もあり、まれではあるが潰瘍(かいよう)性大腸炎、クローン病などで肛門周囲膿瘍になることがある。膿瘍のできる部位は、頻度の高いものからあげると、低位内外括約筋間、坐骨(ざこつ)直腸窩(か)、肛門皮下、高位内外括約筋間、骨盤直腸窩、直腸粘膜下の順である。深部に及んだ肛門周囲膿瘍では、肛門部の鈍痛と発熱、白血球増多を示す。疼痛(とうつう)は皮下に及んだもののほうがかえって強い。起炎菌中もっとも多いのは大腸菌で、ブドウ球菌や連鎖球菌もみられる。ごくまれにガス産生嫌気性菌の混合感染をみることもある。最近、結核菌はまれである。膿瘍は一刻も早く切開すべきであり、簡単なものは排膿だけで治る。大きな膿瘍や深部に及ぶものは、まず切開、排膿して膿の広がりを止め、二次的に痔瘻(じろう)根治手術を行う。肛門周囲膿瘍では抗生物質はまず無効である。[竹馬 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

肛門周囲膿瘍の関連キーワード直腸、肛門のしくみとはたらき肛門周囲膿瘍/痔瘻原発性免疫不全症特殊な痔瘻竹馬痔瘻

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android