コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥前忠吉(初代) ひぜん ただよし

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

肥前忠吉(初代) ひぜん-ただよし

1572-1632 織豊-江戸時代前期の刀工。
元亀(げんき)3年生まれ。肥前佐賀藩工となり,京都の埋忠明寿(うめただ-みょうじゅ)にまなぶ。元和(げんな)10年武蔵大掾(むさしのだいじょう)をさずけられ忠広と改名。直刃(すぐは)を得意とした。寛永9年8月15日死去。61歳。姓は橋本。通称は新左衛門。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

肥前忠吉(初代)

没年:寛永9.8.15(1632.9.28)
生年:元亀3(1572)
桃山・江戸初期の肥前佐賀の刀工。姓は橋本,名は新左衛門。鍋島家に召し抱えられ,藩主の命によって,慶長1(1596)年京に上り埋忠明寿に作刀を学び,同3年佐賀に戻り鍋島藩工となった。寛永1(1624)年,武蔵大掾を受領すると同時に銘を忠吉から忠広に改めた。作風は明寿風な湾れ刃や直刃が多く,ほかに相州物や備前長義派の作などを倣ったものもあって多様である。子に近江大掾忠広がいて,子孫が幕末まで9代続き,いずれも忠吉もしくは忠広を名乗っている。また弟子も多くその門葉は新刀期随一で,作品の数も最も多い。<参考文献>日本美術刀剣保存協会編『肥前刀大鑑』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

肥前忠吉(初代)の関連キーワード肥前忠吉(2代)肥前忠吉(3代)武蔵大掾忠広陸奥守忠吉

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android