コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肥前忠吉(初代) ひぜん ただよし

2件 の用語解説(肥前忠吉(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

肥前忠吉(初代) ひぜん-ただよし

1572-1632 織豊-江戸時代前期の刀工。
元亀(げんき)3年生まれ。肥前佐賀藩工となり,京都の埋忠明寿(うめただ-みょうじゅ)にまなぶ。元和(げんな)10年武蔵大掾(むさしのだいじょう)をさずけられ忠広と改名。直刃(すぐは)を得意とした。寛永9年8月15日死去。61歳。姓は橋本。通称は新左衛門。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

肥前忠吉(初代)

没年:寛永9.8.15(1632.9.28)
生年:元亀3(1572)
桃山・江戸初期の肥前佐賀の刀工。姓は橋本,名は新左衛門。鍋島家に召し抱えられ,藩主の命によって,慶長1(1596)年京に上り埋忠明寿に作刀を学び,同3年佐賀に戻り鍋島藩工となった。寛永1(1624)年,武蔵大掾を受領すると同時に銘を忠吉から忠広に改めた。作風は明寿風な湾れ刃や直刃が多く,ほかに相州物や備前長義派の作などを倣ったものもあって多様である。子に近江大掾忠広がいて,子孫が幕末まで9代続き,いずれも忠吉もしくは忠広を名乗っている。また弟子も多くその門葉は新刀期随一で,作品の数も最も多い。<参考文献>日本美術刀剣保存協会編『肥前刀大鑑』

(原田一敏)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肥前忠吉(初代)の関連キーワード後藤光次国包国貞忠吉伯庵肥前物政常肥前忠吉(2代)肥前忠吉(3代)肥前忠吉(8代)

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone