コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肺炎球菌ワクチン ハイエンキュウキンワクチン

3件 の用語解説(肺炎球菌ワクチンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

はいえんきゅうきん‐ワクチン〔ハイエンキウキン‐〕【肺炎球菌ワクチン】

肺炎球菌による感染症を予防するワクチン。成人(特に高齢者)を主な対象とするPPV23(商品名ニューモバックス)と小児用のPCV7(商品名プレベナー)などがある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

妊娠・子育て用語辞典の解説

はいえんきゅうきんわくちん【肺炎球菌ワクチン】

小児用肺炎球菌ワクチン」のページをご覧ください。

出典|母子衛生研究会「赤ちゃん&子育てインフォ」指導/妊娠編:中林正雄(愛育病院院長)、子育て編:多田裕(東邦大学医学部名誉教授)
Copyright(c) 2010 Mothers' and Children's Health and Welfare Association. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

肺炎球菌ワクチン
はいえんきゅうきんわくちん

飛沫(ひまつ)感染し、肺炎の起因菌になりやすい肺炎球菌に対するワクチン。増加の一途をたどる肺炎死に対して、肺炎予防を目的に高齢者に対する肺炎球菌ワクチンの無料の定期接種が法制化され、2014年(平成26)10月から実施されている。毎年(2018年3月まで)、その年度中に65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳になる人が対象となる。肺炎死は栄養改善や抗菌薬の進歩によって減少していたが、社会の高齢化に伴い増加に転じ、日本では死因の第3位に位置している(2014)。そのうち95%は65歳以上の高齢者である。呼吸器感染症である大葉性肺炎などを引き起こす肺炎球菌は、ストレプトコッカス属に含まれるグラム陽性球菌である連鎖球菌の一種で、肺炎連鎖球菌あるいは肺炎双球菌ともよばれる。ほかに耳鼻科感染症である中耳炎や副鼻腔(ふくびくう)炎、髄膜炎(小児細菌性髄膜炎)や敗血症などの重症感染症の原因菌ともなる。治療にペニシリン系抗菌薬が用いられていたが、1977年にこの薬剤に耐性を示すペニシリン耐性肺炎球菌が確認され、問題となっている。こうしたペニシリン耐性菌にはカルバペネム系抗菌薬などが用いられる。
 年齢とともに免疫力は低下していくので、体調不良などちょっとしたことがきっかけで、肺炎をおこして症状が急に悪化することも多い。そのため厚生労働省では、高齢者の肺炎予防のために肺炎球菌ワクチンの定期接種を奨励している。また、毎日の口腔ケアの励行など予防対策も必要である。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

肺炎球菌ワクチンの関連キーワードワクチン小児用肺炎球菌ワクチン予防接種(ワクチン)防疫指定感染症多価ワクチンMRワクチン三種混合ワクチン乳幼児の細菌性髄膜炎

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

肺炎球菌ワクチンの関連情報