コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

背ける ソムケル

デジタル大辞泉の解説

そ‐む・ける【背ける】

[動カ下一][文]そむ・く[カ下二]《「背(そ)向ける」の意》
後ろやわきの方へ向かせる。視線や顔をそらす。「気まずさに顔を―・ける」「目を―・ける」
心を離す。離反する。
「督(かみ)は、日に添へて人にも―・けられゆくに」〈増鏡新島守

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

そむける【背ける】

( 動下一 ) [文] カ下二 そむ・く
〔「背向ける」の意〕
背を向ける。そらす。 「顔を-・ける」 「あまりの惨状に思わず目を-・ける」
(明かりなどを)反対のほう、うしろのほうに向ける。 「火ほのかに壁に-・け/源氏 帚木
心を離す。離反する。 「督は、日にそへて人にも-・けられゆくに/増鏡 新島守」 「主人ニ心ヲ-・ケテイル/日葡」 〔「背く」に対する他動詞〕

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

背けるの関連キーワード背く・叛くなじかは帚木わき

背けるの関連情報