コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胼胝 べんちtylosis; callus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

胼胝
べんち
tylosis; callus

俗にたこという。反復する外的刺激に対する表皮角質層の限局性増殖肥厚であり,ペンだこ,すわりだこなどがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

たこ【胼胝/×胝】

繰り返し圧迫を受けた皮膚の部分が角質化し厚くなったもの。骨の出っぱったところにできやすい。ペンだこや座りだこ、肘(ひじ)だこなど。べんち。「に―ができるほど聞かされた」

べん‐ち【××胝】

《「へんち」とも》「たこ(胼胝)」に同じ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

胼胝の関連キーワードおもな皮膚病変の俗名と学名皮膚のしくみとはたらき遺伝性掌蹠角化症フットケア胼胝性潰瘍うおのめ足底疣贅胼胝・胝外反母趾角化症魚の目潰瘍皮疹疣目脳梁発疹

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android