脂肪過多症(読み)シボウカタショウ

百科事典マイペディアの解説

脂肪過多症【しぼうかたしょう】

肥胖(ひはん)症,肥満症とも。脂肪組織の病的な過剰状態。原因から,食べ過ぎ,運動不足によってエネルギーの供給が消費を上回るものと,内分泌異常,先天異常,視床下部疾患などに基づく症候性のものに大別される。発汗,湿疹,息切れ,むくみ,便秘が起こり,心臓障害(脂肪心)や糖尿病,高脂血症,高血圧,脂肪肝などを招きやすい。食事療法は,カロリー制限,食塩・飲料の制限を行い,運動療法,発汗療法も行われる。内分泌異常によるものは甲状腺ホルモン,性ホルモンなどを投与。→体脂肪率
→関連項目かくれ肥満高脂血症断食療法熱気療法肥満児

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android