コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脱疽 だっそ

5件 の用語解説(脱疽の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

脱疽
だっそ

「壊疽 (えそ)」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

だっ‐そ【脱×疽】

壊疽(えそ)

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

脱疽【だっそ】

壊疽(えそ)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

だっそ【脱疽】

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

脱疽
だっそ

病理学的に細胞や組織の正常な機能や形態が障害されておこる退行性病変の一つで、生体内組織の局所的死、すなわち壊死(えし)の一種である壊疽(えそ)と同意語である。壊死組織が乾燥してミイラ状になった場合を乾性脱疽(乾性壊疽)といい、壊死組織が腐敗菌の感染によって緑黒色になり、悪臭を呈するような状態になれば湿性脱疽(湿性壊疽)という。外傷、圧迫、火傷、凍傷などによっておこるが、動脈の循環障害によるものがもっとも多く、激痛が持続し、歩行などによって悪化し、局所の切断を要することが少なくない。[渡辺 裕]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の脱疽の言及

【バージャー病】より

…はっきりした原因がないのに手足の先に治りにくい傷ができ,ときには手足の一部が腐ってくる状態で,特発性脱疽あるいは単に脱疽とも呼ばれる。20~40歳の青壮年の男子に多い。…

※「脱疽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

脱疽の関連キーワード壊疽エソロジーガス壊疽肺壊疽マエソ水癌狗母魚アカエソエソオキエソ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

脱疽の関連情報