大笒(読み)たいきん

世界大百科事典 第2版の解説

たいきん【大笒】

朝鮮の伝統的な横笛。現在の大笒は全長73~84cmくらいで,太くて肉の厚い双骨竹と呼ぶ固い竹で作る。吹き口と指孔の間に清孔と呼ぶ竹紙を張った膜孔があり,吹き込まれる空気によって竹紙が微妙に振動するため独特の音色強弱の変化が出る。指孔は等間隔に6個あり,末端に近い部分に七星孔と呼ぶ五つの穴がある。この穴は音律調節と楽器全体の均整をとるためのもの。吹奏の難しい楽器だが,指の使い方で半音も自在に出せるし,吹き方により音域も広がる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大笒
たいきん
taegum

朝鮮半島の伝統的管楽器。テグムともいう。横笛の一種で,宮廷音楽から民族音楽まで幅広く用いられる。起源は明確ではないが,新羅時代には大笒,中笒,小笒の三つを三竹と称して盛んに用いた。今日では小笒は使われない。大笒はこの 3種のうち最も太く長い。全長 84cm,管の太さ内径 2cm。吹孔 1,清孔 1,指孔 6,七星孔 5(装飾用の虚孔,ときには 1)があり,清孔には竹紙を張ってある。低吹,平吹,力吹の 3種の吹き方により,低音,中音,高音を出し,音域は 2オクターブ半にわたる。音色は清澄で,特に高音部は清孔に張った膜が振動するために鋭い音となる。(→朝鮮音楽

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

たい‐きん【大笒】

〘名〙 朝鮮の管楽器。竹製横笛の一種。新羅時代に大笒、中笒、小笒を三竹と称して盛んに用いたが、現在小笒は使われない。大笒はこの三種のうち、最も太く長い。全長八四センチメートル。吹孔一、清孔一(竹紙を張る)、指孔六、七星孔五(装飾用の虚孔、時には一つ)がある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android