コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大笒 たいきん

1件 の用語解説(大笒の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

たいきん【大笒】

朝鮮の伝統的な横笛。現在の大笒は全長73~84cmくらいで,太くて肉の厚い双骨竹と呼ぶ固い竹で作る。吹き口と指孔の間に清孔と呼ぶ竹紙を張った膜孔があり,吹き込まれる空気によって竹紙が微妙に振動するため独特の音色と強弱の変化が出る。指孔は等間隔に6個あり,末端に近い部分に七星孔と呼ぶ五つの穴がある。この穴は音律調節と楽器全体の均整をとるためのもの。吹奏の難しい楽器だが,指の使い方で半音も自在に出せるし,吹き方により音域も広がる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大笒の関連キーワード衛氏朝鮮京劇崔承喜横笛国劇シルム伝統的建造物群伝統芸能・工芸を介した交流伝統的工芸品

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone