コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自動車検査独立行政法人 ジドウシャケンサドクリツギョウセイホウジン

デジタル大辞泉の解説

じどうしゃけんさ‐どくりつぎょうせいほうじん〔‐ドクリツギヤウセイハフジン〕【自動車検査独立行政法人】

自動車が国の定める保安上または公害防止上の技術基準に適合するかどうかの審査業務などを行い、自動車の安全確保や環境の保全を図ることを目的として、平成14年(2002)に設立された国土交通省所管の独立行政法人。平成28年(2016)、交通安全環境研究所と統合して自動車技術総合機構となる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

自動車検査独立行政法人

全国に9検査部84事務所がある。道路運送車両法にもとづき、自動車検査のうち保安基準に適合しているかどうかの審査を担う。自動車検査官が作った自動車検査票の通知を受け、運輸支局などが車の所有者らに自動車検査証車検証)を交付する。

(2015-11-21 朝日新聞 夕刊 1社会)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

自動車検査独立行政法人
じどうしゃけんさどくりつぎょうせいほうじん

自動車が保安上または公害防止上の技術基準に適合しているかどうかの審査などを行った国土交通省所管の独立行政法人。略称は自動車検査法人、英語名はNational Agency of Vehicle Inspection、略称はNAVI。1999年(平成11)、「中央省庁等改革」の一環としてそれまで運輸省が行っていた自動車検査(車検)のうち「検査場における検査」については独立行政法人が行うこととし、同年12月に成立した自動車検査独立行政法人法(平成11年法律第218号)に基づいて2002年(平成14)7月に設立された。その後2016年に交通安全環境研究所と統合され、自動車技術総合機構となった。[編集部]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android