コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自在継手 じざいつぎてuniversal joint coupling

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自在継手
じざいつぎて
universal joint coupling

回転する2の交わる角度をある範囲内で自由に変えられる軸継手。 (1) 不等速型自在継手 フック継手またはカルダン型 (軸) 継手と呼ばれるものがある。軸の端部を二叉にして,その間に十字形金具を入れた構造のものを2個用い,中間軸を介して等速になるようにする。 (2) 等速型自在継手 4個のボール機構を用いたベンディクス型 (軸) 継手が代表例。等速運動になり,回転力も変化しないが,軸には曲げ荷重が働く。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じざい‐つぎて【自在継(ぎ)手】

回転する二軸が、ある角度で交わるなど、一直線上にない場合に連結することができる構造の継ぎ手。万能継ぎ手。ユニバーサルジョイント

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

自在継手【じざいつぎて】

ユニバーサルジョイントとも。2軸が一直線上になく交差する場合に用いる軸継手。回転中,上下・左右に屈曲できる。両軸端をふたまたにし十字形のピンで結合したフック形軸継手カルダン形軸継手),球関節による玉形自在継手などがある。
→関連項目空間リンク装置たわみ軸ボードセーリング

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

じざいつぎて【自在継手 universal joint】

ユニバーサルジョイントともいう。2軸が同一直線上になく,交差する場合に用いられる軸継手。もっとも一般的なものは図1に示すような構造のもので,これはフック形軸継手またはカルダン形軸継手と呼ばれる。自動車前部に設置したエンジンから後部動輪を駆動する場合のように,被駆動部が動力源に対して使用中に絶えず動揺しているような場合に用いられるが,軸の途中に1組だけ使用すると回転速度にむらが出る性質があるので,この悪影響を打ち消すために,軸の途中に通常2組使用する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

自在継手の関連キーワード機械要素速度計

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android