コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

軸継手 じくつぎて shaft coupling

4件 の用語解説(軸継手の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

軸継手
じくつぎて
shaft coupling

軸と軸を半永久的に結合し,同じ回転数で,回転を伝達する部品。駆動中に回転を断続できるものはクラッチという。使用目的によって,次のように分類されている。 (1) 固定軸継手 2軸を一直線状に結合する継手。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

軸継手【じくつぎて】

2本の軸を連結して両軸間に回転または動力を伝える機械要素。広義にはクラッチも含まれるが,狭義には永久軸継手を意味し,修理などのための停止時にのみ分解・組立てができる。
→関連項目継手

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

じくつぎて【軸継手 coupling】

機械などに使用されている軸は,製作上あるいは組立上の理由からそれぞれ適当な長さに限定されている。これらの機械と機械とを組み合わせて使用する場合には,軸と軸とを連結する必要があるが,この軸どうしの連結のために使用される機械要素を総称して軸継手という。軸継手は,軸と軸とをひとたび結合すると,分解,修理などの理由による場合のほかは結合を解かない永久軸継手と,必要に応じて軸と軸との間の連結を断続するクラッチとに分類される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

軸継手
じくつぎて

二つの軸を直接連結し回転や動力を伝えるようにする機械部品。カップリングcouplingともいう。2軸の連結を半永久的に固定してしまうものを固定軸継手といい、2軸の間にある程度の移動ができるようにしたものを、たわみ軸継手という。[中山秀太郎]

固定軸継手

2軸を突き合わせその継ぎ合わせ部に筒形の金物をかぶせ、それぞれの軸にキーを打って止めたもので、一般に軸径の小さいときに用いられ、筒形継手(マフ継手)という。筒形継手の特別なものとしてセラー継手というものがある。スリーブの内側が両口からわずかの傾斜をつけたテーパーとなり、これに外側がテーパーとなっている内スリーブを向き合わせてはめ、ボルトで締め寄せたものである。軸径の大きいものにはフランジ継手が用いられる。もっともよく用いられるもので、鋳鉄製のフランジ(つば)を軸の端にキーで止め、数個のボルトでフランジを締め寄せて結合する。船の推進軸のように径の大きい軸を結合するときには、鍛造のときフランジを軸と一体につくりだし、ボルトでフランジ部を締めて結合する。一体であるためフランジ部は径は小さく、しかも軽くてすむ。[中山秀太郎]

たわみ軸継手

2軸の中心線を正しく一致させるのが困難であるとき、この軸を結合するのに使用されるもの。また温度の変化により、2軸を固定してしまっては困るようなときにも使用される。フランジ継手のボルトの部分に皮あるいはゴムのような弾性体を介在させ、軸が多少たわんでもよいようにしてあり、たわみ継手ともいう。[中山秀太郎]

自在継手

2軸が同一平面上にあって、その中心線がある角度で交わるときに用いられるもの。2軸の端を二またとし、それらを十字形のピンで連結した構造をもっている。2軸のなす角は変えることができる。しかし、一方の軸が一定速度で回転しているとき、他方の軸は一定速度では回転しない欠点がある。2軸の回転速度を一定にしたいときは、この自在継手を2個使用する。すなわち2軸の間に中間軸を入れ、その両端に自在継手を使用する。原動軸と中間軸とのなす角と、従動軸と中間軸とのなす角を等しくすれば、原動軸の一定回転は従動軸に伝えられ、従動軸も一定回転をする。このような中間軸を介さなくても、原動軸と従動軸を同じ速度にできる等速自在継手というものもあり、自動車などで広く使用されている。
 以上の軸継手はいずれも運動中に2軸間の回転を断続させることはできない。
 運動を断続させられる軸継手としては、かみ合いクラッチがある。つめをもったフランジを軸端にはめ、つめのかみ合いを切ったりつないだりして運動を断続する。また軸の端に取り付けた摩擦板を接触させたり離したりして、2軸間に運動を伝えるものは摩擦クラッチという。2軸の端に羽根を取り付け、油を満たした容器内に入れ、流体を介して動力を伝達する流体クラッチも、軸継手の一種である。[中山秀太郎・清水伸二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

軸継手の関連キーワードチルダ生産財高炭素鋼家庭用水フォイドアルミニウム箔白金‐ロジウム合金ローヤル電機桜川ポンプ製作所山崎機械製作所

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone