コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自然崩壊 しぜんほうかいspontaneous decay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然崩壊
しぜんほうかい
spontaneous decay

放射性核種または不安定な素粒子が,他の粒子やγ線の入射など,外部からの作用なしに,自然に他の核種や同じ核種の他の状態,または他種の素粒子に転化する過程。放射性核種の自然崩壊には,α崩壊β崩壊γ崩壊,K電子捕獲 (→電子捕獲 ) ,自発核分裂などがある。素粒子については,光子,ニュートリノ,電子・陽電子,陽子・反陽子以外の素粒子はすべて不安定で,自然崩壊をする。これらの過程は確率的であり,単位時間あたりの自然崩壊の確率を崩壊定数という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

自然崩壊の関連キーワードアンダーソン(Carl David Anderson)チェンバレン(Owen Chamberlain)カール・デーヴィッド アンダーソンシュレーディンガーの猫土砂災害防止法アンダーソンラザフォード二中間子論二重β崩壊ガリレオ発掘調査ベクレル原子核半減期α線β線

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android