自然崩壊(読み)しぜんほうかい(英語表記)spontaneous decay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自然崩壊
しぜんほうかい
spontaneous decay

放射性核種または不安定な素粒子が,他の粒子やγ線の入射など,外部からの作用なしに,自然に他の核種や同じ核種の他の状態,または他種の素粒子に転化する過程。放射性核種の自然崩壊には,α崩壊β崩壊γ崩壊,K電子捕獲 (→電子捕獲 ) ,自発核分裂などがある。素粒子については,光子,ニュートリノ,電子・陽電子,陽子・反陽子以外の素粒子はすべて不安定で,自然崩壊をする。これらの過程は確率的であり,単位時間あたりの自然崩壊の確率を崩壊定数という。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

口永良部島

鹿児島県南部,大隅諸島,屋久島の北西約 12kmにある火山島。活火山で,常時観測火山。屋久島町に属する。霧島火山帯に属し,西に番屋ヶ峰(291m),東に最高点の古岳(657m)と新岳(626m)があり...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android