コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

γ崩壊 ガンマほうかいγ-decay

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

γ崩壊
ガンマほうかい
γ-decay

励起状態原子核γ線を放出してより低いエネルギー状態に遷移する過程。γ線は遷移の前後のエネルギー状態間のエネルギー差に対応する線スペクトルをもつ。α崩壊β崩壊などの自然崩壊後の原子核が励起状態にある場合,引続いてγ崩壊が起り,γ線が放出される。また核反応で生じた原子核が励起状態にある場合もγ崩壊が起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ガンマほうかい【γ崩壊 γ‐decay】

放射性崩壊の一種で,原子核の励起された状態が光子(γ線)を放出し,エネルギーの低い状態へ変化する現象。α崩壊やβ崩壊と異なり,γ崩壊をしても原子核の原子番号と質量数は変わらない。通常,α崩壊,β崩壊や原子核反応に伴って起こり,原子核を基底状態へ導く。場合によってはいくつかの連続したγ崩壊が起こることもある。γ崩壊の速度は,γ線エネルギー,多重極度と核構造で決まるが,非常に遅い場合には準安定状態が現れる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

γ崩壊
がんまほうかい
γ decay

γ線を放出する原子核の崩壊過程のこと。γ壊変ともいう。α(アルファ)線(ヘリウムの原子核)を放出して崩壊するα崩壊やβ(ベータ)線(電子)を放出して崩壊するβ崩壊と異なり、原子核の原子番号や質量は変化しない。α崩壊やβ崩壊で崩壊した原子核はエネルギーが余分な励起状態にあることが多く、その余分なエネルギーをγ線として放出して安定な状態に移行する。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のγ崩壊の言及

【原子核】より

…遷移は放射される電磁波の多重極により電気双極子(E1),電気四重極子(E2),磁気双極子(M1)などのように特徴づけられる。このγ崩壊は励起状態に対応するエネルギー準位の構造を調べるうえでとくに重要な役割を果たしてきた。代表的なものは一連のE2遷移γ線による原子核の回転準位の研究であるが,最近はその延長として,中性子,α粒子などの粒子放出による崩壊をしにくい大きな角運動量をもつ励起状態の研究が注目を集めている。…

【放射性崩壊】より

…これを放射性崩壊という。崩壊の種類としてはα崩壊,β崩壊,γ崩壊が古くからよく知られている。α線の放出を伴うα崩壊では,原子番号が2,質量数が4だけ減少する。…

※「γ崩壊」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

γ崩壊の関連キーワード光崩壊性樹脂(こうほうかいせいじゅし)大久保‐ツヴァイク‐飯塚の規則V.F. ワイスコップアクチニウム系列ネプツニウム系列放射性崩壊系列放射壊変系列トリウム系列元素の転換崩壊・崩潰崩壊生成物原子核崩壊深層崩壊内部転換壊変系列崩壊定数壊変図式崩壊系列崩壊図式表層崩壊