コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自生鉱物 じせいこうぶつauthigenic mineral

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

自生鉱物
じせいこうぶつ
authigenic mineral

堆積物中の固結の過程(→固結作用)で化学的および生化学的作用によって新たに形成された鉱物。海底自生鉱物として知られているものは,鉄マンガン鉱物(→鉄マンガン重石),硫化鉱物沸石リン酸塩鉱物海緑石などである。紅海東太平洋海膨などの熱水活動地域では黄鉄鉱黄銅鉱が,中央太平洋海盆底に広く分布しているマンガン団塊中には,バーネサイトや轟石が自生している。またペルー沖や南西アフリカの大陸棚ではリン灰土中の硫酸塩鉱物が重要である。さらに大陸棚から大陸棚斜面にかけては,フィーカルペレット(糞粒)を交代した海緑石が分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

自生鉱物の関連キーワードフィリップサイトコンクリーション建設的変成作用クランダル石続成作用正長石分結物団塊

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android