コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自記温度計 ジキオンドケイ

デジタル大辞泉の解説

じき‐おんどけい〔‐ヲンドケイ〕【自記温度計】

気温の時間的変化を自動的に測定し記録する装置。バイメタル温度計などにペンをつけ、一定の速度でゆっくりと回転する円筒に巻きつけた紙の上に記録する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

自記温度計【じきおんどけい】

温度の時間的変化を自動的に記録する装置。バイメタルやブルドン管を使い,その熱膨張によって自記装置のペンを動かすものと,白金抵抗温度計を使い,抵抗の変化により電流を変化させ記録電流計で温度を記録させるものがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の自記温度計の言及

【記録計】より


[直動式記録計]
 測定対象より直接に駆動エネルギーを得て,記録ペンの位置を変える。その例として,バイメタルの温度による曲りを利用した自記温度計,毛髪の伸び縮みを利用した自記湿度計,うきの上下を利用した水位記録計などがある。ペンを用いた記録計では,ペンと記録紙の摩擦でも感度が制限される。…

※「自記温度計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自記温度計の関連キーワードシュランベルジェ兄弟バイメタル温度計気象観測器具百葉箱温度計記録計

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android