コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼の声 うすのこえ

3件 の用語解説(臼の声の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼の声
うすのこえ

山田流箏曲の曲名。奥歌曲。原曲は 18世紀後半に活躍した尾張の藤尾勾当作曲 (箏手付は吉沢検校) の地歌『夏衣』であるが,3世山登松齢が山田流に移し,3世山登襲名披露曲として,1879年 (1874年とも) に発表。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

うすのこえ〔うすのこゑ〕【臼の声】

箏曲(そうきょく)。山田流の奥許(おくゆる)し物で、生田流でも演奏する。3世山登松齢(やまとしょうれい)が明治初年に作曲。古臼を燃やしたら香木であったので奉行に献上したところ、歌詞を賜ったという箏曲「夏衣」の歌詞を転用。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

うすのこえ【臼の声】

山田流箏曲そうきよくの一。奥許しの曲。森川三左衛門作詞。1879年(明治12)三世山登松齢やまとしようれい作曲。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

臼の声の関連キーワード奥許し琴曲箏曲・筝曲寿競市浦検校(初代)越野栄松(初代)佐藤左久千代田検校中能島慶子山田松黒

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone