コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

臼の声 うすのこえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

臼の声
うすのこえ

山田流箏曲の曲名。奥歌曲。原曲は 18世紀後半に活躍した尾張の藤尾勾当作曲 (箏手付は吉沢検校) の地歌『夏衣』であるが,3世山登松齢が山田流に移し,3世山登襲名披露曲として,1879年 (1874年とも) に発表。作詞は歌人の冷泉為村 (一説に名古屋町奉行の森川三左衛門) 。没落した名古屋の花井甚左衛門が土蔵の臼を薪にして燃やすと,よい香りのする赤栴檀であったため,香として人々に配った。藤尾勾当はこれを「臼」と名づけて冷泉為村 (森川三左衛門) に献上し,その返礼として詞章が作られたという。「うす」という語にちなむ言葉を綴り,春夏秋冬の風景を歌う。各季節の間に合の手があり,特に最後の合の手は手事風で長く,聞かせどころ。夏の歌の次の合の手には『六段』初段が地として合う。箏は半岩戸調子から雲井調子。三弦は低二上りから,三下りを経て本調子。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

うすのこえ〔うすのこゑ〕【臼の声】

箏曲(そうきょく)。山田流の奥許(おくゆる)し物で、生田流でも演奏する。3世山登松齢(やまとしょうれい)が明治初年に作曲。古臼を燃やしたら香木であったので奉行に献上したところ、歌詞を賜ったという箏曲「夏衣」の歌詞を転用。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

うすのこえ【臼の声】

山田流箏曲そうきよくの一。奥許しの曲。森川三左衛門作詞。1879年(明治12)三世山登松齢やまとしようれい作曲。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報